kogumakosodate’s blog

美大卒のデザイナー★今は産休中こぐまの子育てブログです★平凡な子育ての様子を日記にしていきます!

妊娠中期(16〜27週)のこと

妊娠中期のこと

前回妊娠初期の事を書いたので、今回は妊娠中期の事を書こうと思います。

 

私は妊娠中期がちょうど夏ごろにあたったのですが、今となっては良かったかなと思っています。

妊娠初期に夏だと、気持ち悪さや体調の悪さに拍車がかかっていたでしょうし、

妊娠後期のお腹が出っ張った状態で夏だと、暑苦しいし、何より夜の不眠がもっと酷くなっていた気がするからです。

授かりものなので、調整できないことではありますが、私は第二子も秋か冬に産みたいと密かに思っております。

スポンサーリンク

 

 

★身体のこと★

つわりが落ち着いて安定期に入ったことで、比較的安定した生活になりました。

それでも仕事にはまだ普通に行っていたので、妊娠する前と比べてしんどい事に変わりはないのですが、妊娠初期と比べて良くなったというだけでも、精神的にはかなり楽になっていました。

 

精神的に楽になったのは、つわりが無くなって食事が普通に摂れるようになったことが大きかったです。

貧血を病院の先生に指摘されていたので、主に鉄分とカルシウムを意識した食事を心がけました。

小松菜、ほうれん草、豆腐、納豆、海藻類、バナナなど...。

(私の場合牛乳は、コレステロール多く含んでいるため飲めませんでした。)

お酒類やコーヒーは、もともとあまり好んで飲む方では無かったので、アルコールやカフェインを摂れない影響やストレスが無かったのは、他の人と比べて良かったのかもしれません。

食事の量が増えたことと、赤ちゃんの成長で、この頃から体重がどんどん増えていきます・・・! 

お腹もだんだん大きくなって来るのですが、わかっていたとはいえ身体の形が変わっていくのには驚きました。ここがこんなに膨らんで出っ張って来るのかと...。

服もマタニティ用のものをいくつか買い始めました。

 

また、最初は小さいのですが徐々に胎動を感じられるようになり、お腹の中に赤ちゃんがいる、という実感がどんどん湧いてきました。

 

★やったこと★

ここぞとばかりに遊びに行ったり旅行にいったりもしました。

妊娠後期になるとまったく出来なくなってしまうので、安定期に入ってからはすぐにお出かけの用事をたくさんいれ始めました。 

 

胎教もこの頃に始めました。

胎教といっても、名前を呼んだり挨拶したりするところから始め、音楽(モーツァルトなど)を聞かせたり、絵本を読んだりするのを空いた時間にやっていた程度ですが。。。

それでもお腹の中の赤ちゃんとコミュニケーションを取ることは、私自身の精神安定剤にもなっていたような気がします。

愛情や"待ってるよー"っていうのを伝えたり、賢い子になるように、願いをかけて話しかけていました。

 

また、色々なことに気を使うようになりました。

食事、体重、紫外線、体を冷やさないなど...。

 

★診察のこと★

逆子と言われたのが一番大きな出来事でした。

最初は衝撃でしたが調べたら、一時的な逆子はよくあること、逆子体操などで解消できることがわかり、実際しばらくしたらちゃんと頭が下になってくれたので安心しました。

相変わらず診察の前は順調に育っていってくれてるか不安でしたが、毎回エコーで見るたびに大きく、元気に動いていたので安心しました。 

検診の内容は、毎回の体重測定・尿検査・血圧測定・エコー検査など、たまに血液検査もしました。

あと、クラミジア、膣の検査も行いました。

  

中期になると私自身の精神状態がだんだんと落ち着いて、赤ちゃんが産まれた後のことなんかもすこしずつ調べたり、職場の人に聞いたりしました。

保育園には、やはりなかなか入れないこと。男の子は、女の子と比べて成長がちょっと遅いとのことなどなど...。

具体的に赤ちゃんの産まれた後のことを考えるようになって、楽しみな気持ちも大きくなってきた時期でした。

 

みなさんの妊娠中期はどんな感じだったでしょうか。個人差があるかとは思いますが、初期の記事同様少しでも参考になれば嬉しいです!

 

f:id:hebikoguma:20161122173608j:plain

Copyright © 2016 kogumakosodate's blog All rights reserved.