kogumakosodate’s blog

美大卒のデザイナー★今は産休中こぐまの子育てブログです★平凡な子育ての様子を日記にしていきます!

優先席の感じ方

優先席について...

マタニティマークを付けていると良いことばかりではありません。

なんと、電車内で付けていると、逆に危険だという意見もあります。

世の中には、わざとお腹を押したり、足をかけて転ばせたりする人がいるみたいですね…。

私は、今までずっとそのようなことは考えもしなかったので、そういった記事を見るとびっくりします。

こんなにも日本は平和じゃなくなったのかと。すごく怖いですね…。

(もちろん人それぞれで、良い人もいっぱいいると思います。)

 

優先席への意識について、調べたニュース記事を見かけたのですが、

「電車の優先席があいていたら座るか?座らないか?」という質問に対して、回答は座るが約4割で、座らないが約6割でした。

スポンサーリンク

 

 

f:id:hebikoguma:20161123173300j:plain

 

この統計を見て正直驚きました。

意外とみんな優先席を利用するんだなと…。

私はなんとなく、邪魔になっちゃ悪いなと思って、近づかないようにしていました。

 

優先席の使い方

 

今まであまり気にしていなかったのですが、妊婦になって優先席を利用するようになってからは、優先席に座っている人にはいろいろな人がいるなと思いました。

優先席は、基本的にお年寄りの方、身体が不自由な方、妊婦の方、子連れの方などが対象になるのですが、若い方、体調も良さそうな方が意外と座っていてちょっとびっくりします。

若い方で、ぐっすりと眠っていて、いっこうに起きない人、優先席にも関わらず携帯をいじっている人、漫画や雑誌、新聞を熱中して読んでいる人、パソコンを開いて操作している人など…。

私だけではなく、お年寄りの人が前に立っているのに、どうして気付かないんだろう?気にかけてあげないんだろう?席を譲ろうしないんだろう?と本当に不思議に感じます。

優先席を気にしない人って意外といるんですね。

ですが、私もお腹がまだ小さい頃、優先席に座りたかったけど、お腹が目立たないのでなんとなく座れなかった経験を思い出すと、どこか体調が悪かったり怪我をしている可能性も十分あるので、本当に優先席というのは善意で成り立っているのだなと勉強になりました。

 

助け合い精神

 

でも、私が優先席の前に立っていると、すごく優しい方は、そういった若い人に対して

「妊婦の方がいるから、席を譲ってあげたら?」

と言ってくださる方がいます。

そういった方を見ると、すごく勇気のある方だなと思います。

逆の立場だと、私には度胸がなく、なかなか言うことができません。

本当は言いたいと思うのですが、「怖い」と思ってしまいます…。

ですが、もし逆の立場になったとき、

私は優先席の前に立っていて、近くに妊婦さんが来たときは、

積極的に座っている人にお願いしてみようかと思います。

妊婦さん本人は、きっと私よりずっと怖くて辛いと思うので。

 

妊婦になってから、人の気持ちを考えて譲り合える精神が必要だと改めて感じました…。

赤ちゃんが無事産まれてきてくれたら、そういう優しい心をもった子に育ってほしいなあと、思いました。

Copyright © 2016 kogumakosodate's blog All rights reserved.